HOME > S-JEF認証制度

S-JEF認証制度

工業会の安全確保に関する自主基準(S-JEF認証制度)

日本電気床暖房工業会(JEF)では、製品の安全性の確保を第一の目的として従来から自主基準を制定しておりましたが、平成17年(2005年)12月よりS-JEF認証制度をスタートさせ、一部重要項目につき、一般財団法人電気安全環境研究所(JET)に試験を依頼して実施しております。

S-JET認証取得に更に自主基準であるS-JEF認証を加えることで、電気床暖房の安全性をより一層確保することを目的としたものです。

S-JEF認証はS-JET認証に合格した製品であることを前提としており、電気製品としての法遵守による安全性に加え、電気床暖房システムとしての実用上の安全性や耐久性も評価しています。

S-JEF認証の具体的内容

日本電気床暖房工業会加盟メーカー各社は、法遵守の安心できる製品製造とともに、施工者と開発・製造者が情報交換を密にして、より良い製品・施工方法を作り上げていくことが重要だと認識しています。

電気床暖房の普及拡大の一方で安全性の確保と品質に対する社会的要望も高まっています。

我々、日本電気床暖房工業会では、『電気床暖房自主基準』を策定し、電気床暖房の安全性確保と品質および 性能の向上を目指しております。

また電気床暖房の利用者皆様に安全性や耐久性優れた製品の選択を容易にして頂くために、この自主基準を満たした製品に対し、合格表示を行っています。

具体的には電気製品の第三者評価機関である(一財)電気安全環境研究所(JET)の試験協力を得て、工業会が設置した外部委員による『JEF認証表示評価委員会』で安全性の審査を受け、そこで合格判定が出された製品には『S-JEF認証マーク』を表示する制度を確立し、運営を開始しております。

なお『S-JEF認証』は、電気用品安全法の技術基準適用及び第三者認証制度による技術基準(S-JET認証)取得を前提としています。電気製品としての法遵守による安全性に加え、電気床暖房システムとしての実用上の安全性や耐久性も評価しています。従って大変厳しい評価基準制度となっております。

●5冊の自主基準書のご案内

『電気床暖房自主基準』とは、電気用品安全法に加えて電気設備基準など、いくつかの製品基準や安全性の全てに目を通し制定、発行したものです。

第一編第一編 施設型電気床暖房発熱体基準

  • 施設型電熱ボード
  • 施設型電熱シート
  • 施設型電熱マット
  • 施設型電熱畳
  • 施設型発熱線ユニット

第二編第二編 施設型電気床暖房設計・施工基準

  • 床暖房の設計
  • システム構成及び温度制御装置
  • 施設型電熱ボード
  • 施設型電熱シート
  • 施設型電熱マット
  • 施設型電熱畳
  • 施設型発熱線ユニット

第三編第三編 施設型蓄熱式電気床暖房設計・施工基準

  • 製品基準
  • 設計・施工基準

第四編第四編 施設型電気床暖房熱的安全基準

  • 試験体及び試験室
  • 火災予防を目的とした試験
  • 低温やけどの防止を目的とした試験(EFCT試験)

第五編第五編 自己加熱抑制PTC発熱素子利用施設型 電気床暖房基準

  • 自己加熱抑制PTC発熱素子基準
  • 自己加熱抑制PTC発熱素子利用施設型電気床暖房製品基準
  • 自己加熱抑制PTC発熱素子利用施設型電気床暖房設計・施工基準